世界と日本の資源ごみやマナーの違いを知ろう!

外国人が驚く?日本の資源ごみマナー

>

世界と比べて日本特有の資源ごみはあるのか

日本はゴミ出しルールが細かい?

ゴミは、全てまとめて出す国が多い中、日本は、可燃・不燃・資源等の分別はおろか、分別方法についても細かく決められている自治体が多くあります。
例えば、ペットボトルは、キャップとラベルを外し、中を洗ってから出す、肉や魚が入っていたプラ容器も洗う、生ごみなどの水分を含むものは、他の紙ゴミと一緒にならないよう別の袋にまとめる…など、地域によってはまだまだあります。
これだけ見ても、分別するだけでも手間な上に、分別過程まで細かくされると、外国から日本に来た人はもちろん、日本人の多くも生活の中でそれを苦痛に感じる人が増えています。
また、自治体ごとに違うルールを国民全員が完璧に守り、更には日本を訪れた全ての外国人にも徹底させるのは、なかなか厳しいのが現状です。
分別の必要性や重要性は理解できるものの、自治体ごとの違いや細かすぎるルールは、かえって違反者を出すことにも繋がりかねません。

日本であるゴミ出しルール違反の実態と理由

日本では、各自治体で決められた「ゴミ出しルール」に従って、ゴミ出しをします。
ルールには、分別や曜日だけでなく、分別の仕方まで細かく指定がある地域もあります。
日本は、資源大国ではないため、国内全体として分別に取り組み、それをリサイクルに繋げていこうという狙いと、他国には多い埋め立てができないことも理由の1つです。
そのため、ここ数年で各家庭レベルでの分別意識が、だいぶ浸透してきましたが、まだまだゴミ出しルール違反の問題も多いそうです。
可燃ごみの中に不燃ごみも入っている、指定の曜日を無視して出している、ペットボトルも中身を洗っていない…など、違反の実態はこれだけではありません。
酷い場合は、大きな家具や家電等も不法に投棄されていることもあり、置かれた方が怒り心頭になるのも無理ないでしょう。
このような問題がまだまだ多いのは、自治体ごとにルールが違う、細かすぎてそこまでやれないなどが理由のようです。