世界と日本の資源ごみやマナーの違いを知ろう!

外国人が驚く?日本の資源ごみマナー

なぜ、ごみ出しでのクレーム発生が多いのか

資源ごみとは、主にビン、缶、ペットボトル、金属塊、そして段ボールや古紙、紙パックなどの紙類など一般的に再資源化が可能であるものをまとめて言います。
日本では、各自治体ごとに出す曜日や方法に若干の違いはありますが、各自レベルで資源ごみを分別しています。
そもそも「分別」をする文化の無い諸外国は、日本の資源ごみマナーである「分別」について、かなりの驚きがあるようです。
また、分けて捨てる「分別」だけでもビックリするところ、ペットボトルや紙パックは捨てる前に洗う、ビンもペットボトルも蓋と本体を分ける、古紙や段ボールは揃えて紐で括るなど、分別過程の部分には更なる驚きを隠せないそうで、ある意味この部分が特有と言えるでしょう。
確かに、我々日本人から見ると、ごく一般的な風景であり、当たり前のようになっていることでも、他国にとっては珍しいもの、いわば習性にすら見えるのかもしれません。
しかし、日本では古くから、物を大事に扱う精神と文化が根付いており、日本人の気質には合っているようにも見えます。
ただ、日本はこれだけの分別をしているにも関わらず、リサイクル率を世界と比較してみると、決して高い方とは言えません。
そこには、分別が完璧ではないことで、本来であれば資源になるものも、資源として使えなかったり、資源として再利用するための工程である焼却、発電、埋め立てなどの設備や環境が不十分であることも要因となっているのでしょう。
設備を整えるためには、膨大な資金と土地が必要となり、併せて近隣住民の理解や同意も得られなければなりません。
こういった条件を見ると、やはり国民1人1人が、自国の置かれている状況を把握し、ゴミを減らす努力と分別の更なる意識などが日本としては現実可能なものかもしれません。

世界と比べて日本特有の資源ごみはあるのか

私たちが住んでいる日本には、数年前から国や行政、各自治体で、ゴミ問題に対して少しずつ対策が講じられ、変化してきました。 ゴミの分別やゴミ出しのルールなど、だいぶ浸透してきたものの、まだまだ各地でクレームや問題となることが多いのはなぜでしょうか? 自治体ごとに異なるルールがあることに関係がありそうです。

世界から見た日本の資源ごみとマナー

日本に住む外国人が、苦労することの1つに「ゴミの分別」があります。 ゴミを分別してから出す国は珍しく、項目も細かく決められているため、生活をする上で、ゴミ処理が大変だと感じています。 他国では、ゴミはまとめて捨て、ゴミの選別は業者の仕事という位置づけのため、業者の仕事を奪っていないか心配するようです。

集合住宅や地域のゴミ捨て場でよくある問題

マンションなどで多くある問題に「ゴミ出し」があります。 ゴミ袋を勝手に開けられて中身を確認された、などのクレームもありますが、分別やゴミ出しルールをきちんと守っている方からすると、ルールを守らない人がいるのは許せないのでしょう。 これは、マンションに限った事ではありませんが、ルールを守ることが重要です。